fbpx

BLOGブログ

2019年08月05日

インナードライ肌

ブログ

毎日暑い日が続きますね!

汗がたくさんでて、一見うるおっているかのように思えますが、実は違います

水分量の多いお肌はプルプル毛穴レスの良いお肌ですが、皮脂だけが多いお肌は、もともと脂性肌の場合もありますが、内部の水分量が足りなくてそれを補うために脂が出ている場合があります!

 

クーラーや紫外線、ストレスによって乾燥してしまいますよ!

 

 

インナードライ肌とは?


インナードライ肌

インナードライ肌とは、肌の表面は皮脂でテカテカしているのに、内側は乾燥していて、水分が不足している状態です。

インナードライ肌になる原因は、肌内部の乾燥です。

 

肌が乾燥して水分不足になると、皮脂を分泌して乾燥から身を守ろうとします。

乾燥が進むと大量の皮脂が分泌され、テカりやベタつきの原因になるのです。

 

インナードライ肌は、肌の表面だけを見ると皮脂の分泌が多く、“脂性肌”と間違いやすい状態にあります。

そのため、皮脂を取ろうとして何度も洗顔をしたり、あぶら取り紙を使いすぎるなど、必要以上に皮脂を取りすぎてしまうケースが多いのです。

インナードライ肌になり内部が乾燥した状態が続くと、肌の細胞が生まれ変わるサイクルが乱れやすくなります。

すると古い角質が溜まっていき、肌表面のゴワつき・くすみ、ハリ不足などの原因にもなります。

さらに、過剰な皮脂が原因で、ニキビを発生させることも。このような肌トラブルを防ぐためにも、できるだけ早く対策をするほうがよいでしょう。

 

 

インナードライ肌の原因とは?


暑い夏、部屋の中はクーラーが効いていて、空気が乾燥しています。

そのような室内に長時間滞在することで、肌の水分がじわじわ失われていきます

 

さらに、外に出れば、たくさん汗をかきます。

汗が乾くとき、肌表面の熱と一緒に、肌の内側にある水分も奪って蒸発していきます。

これにより、肌の乾燥が悪化してしまうのです。

 

 

インナードライ肌、対策方法は?


インナードライ肌を改善するためには、皮脂対策ではなく乾燥対策を徹底することが大切です。

 

インナードライ肌

クーラーガンガンのこの時期をエステでメンテナンスしてダメージレスなお肌にしていきましょうね(^O^)/

秋に向け早めに、シミ、シワ、ほうれい線対策を打ちましょう!!
ebata ESTHETIQUE

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6876-4039

ebata ESTHETIQUE

友だち追加